日本語訳 Boys Lie – Jada Facer(ジェイダ・フェイサー)歌詞和訳

Two days past with no reply
You’ve seen my texts I know

返信が来なくなって2日
既読なのはわかってる

My friends they ask if I’m alright
The truth is I don’t know

友だちに「大丈夫?」って言われるけど
正直、わかんないよ

I’m pulling out my hair at night

ただ、夜になるとおかしくなりそうで

I feel it in my bones

なんとなく、わかるんだ

And it’s so damn cold

すごく冷たいんだなって

I hate I believed you

あなたを信じてた私が嫌い

When you said that you weren’t with her

「あの子とは居ないよ」って言葉を信じた私が

And I’ve learned from the worst

最悪の時から、学んだのは

That you leave before they can leave first

あなたが、周りが気付く前にさっていくんだってこと

Boys lie

男の人は嘘をつくと言うけど

But I lie better

私の方がうまくつける自信がある

You said you’d stay

「一緒に居るから」って

And you say forever

「永遠に一緒だよ」とあなた言うけど

And I say,
“I’ll be ok,”

私はこう言うの
「大丈夫だよ」

“I never wanted you, anyway”

「もう、私にとってはあなたが全てじゃないから」
って

Boys lie, but I lie better

男なんかより、私に嘘をつけるのは私

It’s just the same
If we’re not together

一緒じゃないなら
結局、同じだよね

So I said,
“Please leave,” You never meant a thing to me”

だから、こう言うの
「もうどこかに行って。」

“You never meant a thing to me”

「私にとってあなたはもう何でもない存在だから」
って

No

そんなの、嘘なのに…

Remember in the kitchen light

キッチンのライトに照らされて

You said that I was yours

「君は僕のものだよ」って言ったこと
覚えてる?

Your hands they wrapped around me tight
Right on the tile floor

硬いタイルの床の上で
私を気付く抱きしめながら

You told me
“Babe, There’s no way I could ever love you more”

あなたは、こう言ったの
「これ以上ないほど君を愛してる」
って

You were so damn cold

どうして、そんなに冷たい言葉を掛けることが出来たの?

And I hate I believed you

あなたを信じた自分自身がとても憎い

When you said that you weren’t with her

「あの子となんて、いるわけないだろ」と言った
あなたの言葉を

And I’ve learned from the worst

私も最悪の状況から学んだの

That you leave
Before they can leave first

周りが離れていく前に
あなたは離れて行くんだって

Boys lie, but I lie better

男は嘘がうまいって言うけど
私の方が、私を騙せるの

You said you’d stay
And you said forever

一緒に居るって
永遠に一緒だよって、言うあなたに

And I said
“I’ll be okay”

私はこう言ったの
「大丈夫だよ」

“I never wanted you anyway”

「もう、あなたと永遠に一緒に居たいと思ってないから」
って

Boys lie, but I lie better

男より、私を騙すのはうまいの

It’s just the same
If we’re not together

一緒に居れないのなら、同じだよ

So I said,
“Please leave, You never meant a thing to me”

だから言ったの
「別れて欲しい。もう気持ちが冷めたから」
って

Never meant a thing to me

あなたはもう何でもないんだって

Never meant a thing to me, no

私にとってなんでもない存在

Never meant a thing to me

そう、なんでもない存在…

You meant everything to me, oh

そんなの、思えるわけないよ…

Boys lie, but I lie better

男は嘘がうまくても、私ほどじゃないから

You said you’d stay
And you said forever

「一緒に居るから」
「永遠に一緒だ」って

But these things, they break

結局、そんな約束、守れないんだよね?

And every time I stay

私は変わらず居たいのに

I’m not the same

永遠に同じではいられないんだよね